再発率は病期によって異なり転移箇所も様々

1治療を始めた病期によって再発症の確率が変わります

乳癌の再発症は、発見されてから治療開始する時の病期によって確率が変わってきます。初期での発見であれば、約10%と極めて低く、病期が進んでしまうと50%と非常に高くなってしまうでしょう。

1乳癌の局所再発で知っておくこと

乳癌の再発は、他のガンに比べると早く発症してしまいます。しかし、再発しても早期に治療を行えば治癒できる可能性は高くなるでしょう。再発の場合は手術をする場合が多いです。

1乳癌の遠隔転移で知っておくこと

遠隔転移には、骨や肺、脳などの様々な箇所に転移します。転移した場合には、ホルモン療法や分子標的療法を行います。遠隔転移は、腫瘍の状態を見ながらの治療になるので、緩和ケアを受けるようにしましょう。

1転移しやすい臓器と症状を知る

遠隔転移で多い箇所は、肝臓が挙げられます。肝臓の転移の時には、お腹の張りやみぞおちに圧迫感があるという症状が起きるでしょう。また、骨への転移も多くあります。骨に転移すれば、痛みが伴ったり病的骨折が起きてしまうでしょう。

1乳癌は予防を期待できる方法がある

閉経後の体重管理はしっかりと行いましょう。閉経後には、体重が増えてしまうとエストロゲンを増やすことになってしまいます。ですから、閉経後の体重管理にはより一層気をつけておきましょう。

治療後の再発と転移

乳癌の治療開始からの生存率を知る

乳癌は医学の発展により、飛躍的に生存率が上がっていると言えるでしょう。乳癌の治療を開始してから5年以内の生存率はステージ2期までであれば、約90%以上と高い数字になっています。

乳癌の性格によって再発のリスクが異なる

乳癌のガン細胞には、ホルモン感受性や細胞の悪性具合などによって同じステージでも再発のリスクが変わってきます。ですから、乳癌が治ってもセルフチェックと検診が重要になるでしょう。

術後から約10年間は再発・転移の可能性がある

術後は、局所再発や遠隔転移がないかを調べないといけません。これらは、約10年間に渡って再発・転移の可能性があります。何か体の異変があった場合には、すぐに病院で医師に相談しましょう。

早期発見をするためのスケジュール

乳癌の再発は、セルフチェックでは分からない場合があるので病院でしっかりと検査することが重要になるでしょう。術後からの時期によって検査内容も変わるので、医師に検査内容を事前に聞いておけばスムーズな検診ができます。

広告募集中