乳癌の治療は病期で変わる

近年では、乳房を全摘出しなくてもよくなっています

以前までは、乳癌の治療方法は乳房の全摘出が多くありました。しかし、近年は手術の範囲を狭くしてできるだけ乳房に影響がでないようになっています。しかし、発見が遅くなってしまうと全摘出をしなければなりません。

乳癌の手術で半数以上を占める乳房温存療法

乳房温存療法とは、部分的に病変組織を取り出して術後に放射線を当てるという治療方法です。この治療方法はがんの進行が進みすぎていたら効果がでないので、初期の段階からの治療を行いましょう。

放射線療法で癌細胞の増殖を抑える

乳癌の治療方法で1番危険も少なく治すことができるのが放射線治療です。放射線での治療は、リンパ節への転移を予防するために照射する場合にも使われます。また、遠隔の転移があった時でも照射が可能になるでしょう。

ホルモン療法でも乳癌の治療はできる

女性ホルモンが影響してガン細胞が増殖している場合は、ホルモン療法選択できます。ホルモン療法は、乳癌に大きく関わるエストロゲンの分泌を減らすことでがんの進行を食い止めることができるでしょう。

広告募集中