乳癌の治療方法と転移の危険性

医者と看護師

近年は温存療法が増えてきている

以前までは乳癌の治療に全摘出手術をする方法が多くありました。しかし、近年では症状によって温存療法で済む場合も増えてきています。この他にも、全摘出しなくてもよくなってきているでしょう。

READ MORE
カウンセリング

がんで気をつけておくことは再発と転移です

乳癌で手術を行った後には、再発と転移に気をつけておかないといけません。再発と転移は非常に危険性を感じますが、早期の段階で見つけていれば比較的簡単に治療をすることができ生存率も高くなるでしょう。

READ MORE

乳癌の検査方法を知っておく

乳癌検査の時には、視診と触診とマンモグラフィ検査が基本となります。視診や触診に抵抗がある人は女性医師がいる病院に行きましょう。マンモグラフィ検査は、多少痛みを伴いますが乳癌の発見するためにも重要です。

乳癌になるにはいくつか原因があります

女性ホルモンと乳癌の関連性

乳癌はホルモンとの関わり非常に強い病気になります。女性ホルモンが多く分泌されるので乳癌になるのは女性に多く見られるのです。ですから、女性であれば乳癌の可能性が高ということを知っていれば早期の対応ができるでしょう。

女性特有の生理現象も関係する

女性らしい体つきにするために、生理現象の月経が起きます。この月経を促すエストロゲンが乳癌の発症に影響を与えるのです。初潮の時期が早い人は乳癌になる可能性が高くなる結果が出ています。

妊娠や出産の経験がない人は乳癌になりやすい

妊娠中や授乳中の時にはプロゲステロンの分泌が高まることで、エストロゲンの影響を受けにくくなります。エストロゲンの影響が少なくなれば乳癌になる可能性が低下します。つまり、妊娠や出産の経験がない人は乳癌の発症率が極めて高くなってしまいます。

体格でも発症率は変わる

高身長の人は、低身長の人に比べると倍以上のリスクが高まるという結果が出ています。これは、思春期の急速な体の成長が関係していると考えられています。

肥満は乳癌になる可能性を高めてしまう

肥満は生活習慣の乱れからなる場合があります。生活習慣の乱れは健康に悪影響を及ぼすでしょう。肥満になると乳癌だけではなく様々な病気になるので改善することが良いです。

<PR>
夜の身体の不調は浦安の夜間診療クリニックへ
体調不良もすぐに解決!

乳癌のことを知る

乳癌の初期症状をしっておきましょう

乳癌の初期症状で多く見られることが胸のしこりになります。胸のしこりの感触は、こんにゃくの下に豆をおいて触った感触に似ています。お風呂に入った時に、片手を挙げて滑らすように触ると見つけやすくなるでしょう。

血が混じった分泌液が乳頭からでてくる場合があります

乳頭を絞った時に、血性の分泌液が乳頭からでてくる場合は乳癌の可能性が高いです。これは、乳管内にがんができた為に起こります。ですから、血性の分泌液がでた時には、すぐに病院に行きましょう。

手を挙げた時に乳腺のひきつれがあることがある

胸を張ったり手を挙げたりした時に、乳腺にひきつれを感じた場合も乳癌を疑わないといけません。ひきつれが起きてもそのままにしておく人は多いですが、この胸のひきつれは乳癌のサインになるでしょう。

乳房に何らかの異変が起きることがある

乳癌の初期症状には、乳房に湿疹やただれが起きる場合があります。また、皮膚に赤みが出たり腫れたりするでしょう。この症状は、乳房の可能性がある体の異常になります。

広告募集中